彰(あきら)だけど長江

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで初めて治療開始となるので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを継続することによって安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

インプラントはどのくらい保つのか、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保つと考えていいようです。

要するに、メンテナンスがしっかり行われていればかなり長い間保たせることができますが、日頃のケアが行き届かないと歯周病など、異常が起こることがあると思ってください。

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちすると思ったら大間違いです。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

自分の歯のお手入れと同じように歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

例外はありますが、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。

ただし、問題なく医療費控除を受けられます。

確定申告の一項目として、医療費控除は治療費を収入から引くことができます。

確定申告をするときの注意点として歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですからもらったものはしっかり取っておいて暦年単位で、大事に保管しておきましょう。

よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはめったにありません。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにかなり自然にうつり、インプラントだとカミングアウトしなければ義歯だと気づかれることも考えなくて良いのです。

自然な見た目を重視している場合、この治療が一番ふさわしいでしょう。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も左右されてしまうのです。

手術によってインプラントを埋め込んだ後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすのが無難です。

普段よりも静かに過ごすようにして明らかに負荷がかかるレベルの運動は控えることが望ましいです。

血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。

運動を習慣にしている方の場合はどうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。

この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院することはめったにありません。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院が必要になることもあるので、注意してください。

自分が当てはまるという方は、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。